人事コンサルタントの役割について


人事コンサルとは、人事におけるコンサルタントを担う業務を行うもので、これは企業の外から見た人が、その企業における人事についての助言を行う事を意味します。そのため、人事コンサルタンとを専門としてビジネスを展開している業者があるわけです。一般的に人事コンサツタントというものは、私が思う範疇では、人事考課制度などを企業内に導入する場合、どのような手順で行い、どのような考課制度を作れば良いのかが難しいものです。

そのため、人事考課などに詳しいと思われる人事コンサルタントを雇い、企業の中に人事考課制度を取り入れるという企業も珍しくありません。人事考課制度で大切なものは、公正、公平と納得という3つの事柄になるといいます。人事考課は、ひとつ間違えると、公平な考課を行う事が出来ません。それは私情というものが入りやすいからです。例えば、部下の考課を行う場合、部下の好き嫌いなどがある場合、これは公平且つ公正に考課を行う事が出来るのでしょうか。

恐らく、好きな部下には評価点を上げて、嫌いな部下には評価点を下げると言う私情が入ります。そのため人事コンサルタントが人事考課を手助けする場合は、このような私情が入らないような社内の仕組みを考えて、その上で人事考課を始めるわけです。また、人事考課はあくまでの企業内部で行われるため、人事コンサルタントが人事考課を行うわけではなく、あくまでも人事考課についてのあり方などを助言し、考課する側と考課される側の心構えなどを教えて貰うわけです。