業績を伸ばすための人事コンサルタント


人事コンサルタントが求められるのは、経営方針はできているが、現場がスムーズに行っていない、新しい事業に乗り出したものの、成果が伴っていない、これから先を担う管理職の人材が育たないなど、人事関連のコンサルティングのニーズに応えるのが人事コンサルタントです。業界の成長はしているのに、個別の企業の成長が滞っている場合などに、企業にある人事に関する問題を解決していくのためのコンサルティングを行なっていきます。

特に会社組織に関する人事コンサルタントでは、労働管理や人事制度の整備など中心にやっていきますが、企業の成長戦略や評価制度などが効率的に機能するように、人材育成、スキルの向上などを行なっていき、組織の力を高めていくのが人事コンサルティングの仕事となります。新しい人事の戦略を元に新たな人事制度を導入しても、それだけでは組織は機能しません。その企業にいる人材を含めた組織改革をするための、手助けをするのが人事コンサルタントです。

企業合併などによる組織の統合の際の人事制度の再編や、企業年金の再構築など専門性の強い課題にも人事コンサルタントはスタッフを用意しており、企業のあらゆる人事に関する課題に助力できるよう準備されています。企業の内部の人間では人事関連の課題は手を出しづらい所があり、人事コンサルタントのような外からの改革を言うものが必要になってくることがあります。蓄積されている企業の中の人事に関する問題を効率的に解決していくのも人事コンサルタントです。