人事コンサルタントの役割

社員一人一人の力量の把握を行うと言う事は実に難しい事です。これは社員の数が多いから大変だと言う事ではなく、その社員の持つ能力がどのくらいあるのかと言う事を判断する事が難しいという話です。しかし、社員一人一人の創造性、力量などの向上を行う事は企業にとってプラスになることです。これは企業内の活性化や生産性の向上に繋がるため、実現に向けて動かなくてはなりません。これを手助けしてくれるのが人事コンサルタントであり、人事におけるプロなのです。


人事コンサルタントの目的は、現在の価値観を一新し、良い部分はそのままに、悪い部分だけを変えるということではなく、組織の体質、風土などを改革する事を促進し支援を行うことが目的だと言います。先ほどの、社員一人一人の能力の把握については、人事考課を導入する事で、能力の把握を正確に行えるようになり、社員一人一人が能力を100%以上発揮し、業務を遂行し、且つ適正な給料を得られるという結果にも繋がるわけです。


この結果、企業の中は風通しが良くなったり、業務をスムーズに且つ円滑に行えるようになるという結果を期待するということになります。職種によってはこの人事考課の導入が難しい職業もあるかもしれませんが、人事コンサルタントなどは様々な企業のコンサルタントを行っているわけで、そのノウハウなどを活用して人事考課の導入が困難だと思われる職種でも可能性はあると言います。因みに、人事考課は考課される側から見た場合、成果主義ということでやる気も出る事です。


人事コンサルタントは人事におけるプロ

人事コンサルタントは、企業におけるあらゆる問題点を指摘し、少しでも企業の中の人材がスムーズに動けるように手助けをするという役割があります。同じ会社に何年も勤務していると、企業の中の悪い所ばかりが見えてしまい、これに慣れてしまえば、流されてしまう事もあります。そのため社員である人間は悪い所が当たり前のようになってしまうわけです。ですが、外から入ってきた新しい社員などの場合は、この悪い点を指摘したくても新参者であるため出来ないわけです。


しかし、人事コンサルタントという職業は、この新参者とは異なり、会社を良くするために、悪い所を指摘しどのように良くないのか、どうしたら良くなるのかなどをアドバイスしてくれます。これにより、今までスムーズ性にかけていた流れを円滑にして、業務全体が上手く流れる仕組みに変わるわけです。仕事の依頼内容は、その企業により様々かと思います。ある企業は人事考課を導入するため、そのアドバイスを得たいと考えている所もあります。


また、ある企業は人事考課とは関係の無い、メンタルヘルス的なことで人事コンサルタントを雇う場合もありますし、新人教育や社員教育といったことで雇うケースもあるわけです。どのようなケースにしても人事コンサルタントは人事におけるプロですし、人材教育などを円滑に進めてくれるという話も聞いたことがあります。何よりも武器になるのは、会社の中にいる人材ではないため、悪い部分を的確に指摘して修正を行える能力を持っているわけです。


人事コンサルタントの人事考課案

人事コンサルタントが企業の人事考課についてのアドバイスを行う場合、その企業の職種などの把握が出来ていないため、実際の考課表というものを作り上げるのはあくまでも、企業の社員となります。人事考課に一度でも携わった人であれば、人事考課の難しさについて痛感しているかと思いますが、会社の中には仕事を覚えたての人もいれば、ある程度仕事が出来るようになり、上司の指示を受ければある程度出来る人もいます。また、指示をしなくても自分で仕事をする事が出来る人もいるわけです。


これらの人々は、人事考課においては、初級、中級、上級という3つのランクに分けられるわけですが、このランクを決めるのは部下を持つ上司であるのです。このランクを分ける場合にも、人事コンサルタントは基準となるものを決めて、それに対して、考課すべき人間がどのような能力を持っているのかを細分化していかなくてはなりません。仮にこのランクで誤りを犯せば、全体のバランスが崩れてしまいますし、給料というものにも不平が出てくる可能性もあるわけです。


人事考課はあくまでもその人の能力を十分理解した上で公平に利益を分配しましょうという考えの下で作られるべきものです。そのため、能力が無い人が能力がある人よりも多くの給料を得ると言う事は公平ではないということになります。人事コンサルタントは、このようなあってはならないと言う事を助言しながら、会社の中の人事考課の担当者を教育しながら考課表を作り上げたり、その企業にあった人事考課のあり方について決めていくのではないでしょうか。


最近の投稿

おきにいりt4